スノーアイティエヌ株式会社

スノーアイティエヌは、食品添加物卸・調味料販売および乳酸菌発酵技術を活用した商品開発を提案する会社です。

日本人の食文化に寄り添ってきた、植物性乳酸菌

植物性乳酸菌によって作られる食品(例) 味噌 醤油 漬物 キムチ

植物性乳酸菌とは

乳酸菌とは、発酵によって糖類から多量の乳酸を生成し、さらに悪臭の原因になるような腐敗物質をつくらないもの。
スノーアイティエヌでは、植物由来の漬物、穀物や野菜等の環境に適した在種乳酸菌を培養しています。
この乳酸菌は「植物性乳酸菌」です。
植物性乳酸菌により、野菜、米、麦、豆などといった植物の素材を発酵させる事ができます。

厳しい環境でも生育していける植物性乳酸菌

乳酸菌には「動物性」と「植物性」があります。
動物性乳酸菌は簡単にまとめると、チーズ・乳成分を主体としたヨーグルトを形成するものです。
一方、植物性乳酸菌はアジアの植物質原料からなる伝統発酵食品に多く含まれています。
植物性乳酸菌は、過酷な環境でも生育していけるタフな乳酸菌です。
人間の体内の厳しい環境にも負けずに腸まで到達すると考えられているので体の健康にも良い期待が持てます。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の特徴の比較

日本人のお腹に馴染みのある植物性乳酸菌

日本人は様々な形で植物性乳酸菌を利用しており、その歴史は二千年以上にさかのぼります。その代表的なものが漬物や味噌・醤油・酒といった発酵食品です。
過酷な環境でも生育できる植物性乳酸菌は生きたまま腸管に辿り着くことができるといわれています。
元々農耕が盛んで繊維質の多い食事を摂り続けてきた日本人の腸管は欧米人と比べて50~60cm長いと言われています。
そのため、生きたまま腸管に長く留まることができ、歴史的にも食経験の豊富な植物性乳酸菌は日本人のお腹に馴染んだ乳酸菌なのです。

乳アレルギーの方にも安心して食していただけます

乳酸菌そのものは乳製品及び畜肉、植物性全般に宿主して、その物体の糖を分解して主に乳酸を発酵させる働きをするもの。その過程で分解等に付与する事はあってもアレルギー物質を形成させる事は全くありません。
スノーアイティエヌでは、ヨーグルト風味の商品を開発しております。
もちろんこちらの商品は、乳アレルギーの方も安心して食べれる事ができます。

植物性乳酸菌による、野菜の発酵技術

地方創生が盛んによびかけられ、地域の野菜や産物を見直そうという気運が高まっています。
そのようななか、食の安心・安全ほか、健康維持・増進が期待される食品に対する消費者の興味は衰えを見せず、食品製造業者も新たなステージへの転換が進められています。

スノーアイティエヌの母体であるスノー商事㈱は、平成24年「乳酸菌発酵食品素材及びその製法」で特許を取得(登録番号:特許第5116178号)。独自の乳酸菌の配合菌による発酵で、穀物・野菜を、ヨーグルトタイプ・アイスクリームタイプ・ゼリータイプ・ジャムタイプにする技術を発表しました。
スノーアイティエヌでも、その流れを受け、植物性乳酸発酵食品の開発・深化に注力。野菜に適した乳酸菌を選び出し、発酵させることで、消化促進・乳酸菌と野菜の食物繊維等による腸内環境改善サポート等が期待されます。野菜がまろやかな風味になり、食べやすくなる口あたりになることから、小さなお子さまやご高齢の方向け商品への活用も推進しております。

植物性乳酸菌を使った野菜の発酵過程

トマトなら生のままで、根菜類なら蒸すなど、野菜に合った下処理工程を経てペースト状にすり潰します。
その後、栄養を与え、元気に活性化した乳酸菌を野菜ペーストに加え、発酵させます。
植物性乳酸菌は厳しい環境にも強い(塩分に対しても)ですが、発酵工程の祭、いかに乳酸菌の生育しやすい環境を作るかがポイントになります。

スノーアイティエヌは、新商品開発やレシピ設計、原材料の供給安定化等を全面的にバックアップさせていただきながら、お取引様とともに成長していく事業スタイルを続けてきました。

今後は、植物性乳酸菌を使って地域野菜の魅力をさらに引き出し、その可能性を 広げていく商品開発・地域サポート分野へも注力していきます。

商品開発のご相談はこちらから
電話でのお問い合わせ

ホーム | 取扱商品 | 乳酸菌発酵技術 | 開発実績 | 会社概要 | お問い合わせ